号外! 緊急試合前インタビュー 決戦前夜☆ 明日を決める試合

テービングをしながら、徐々に練習への緊張感を高める。春先の陽射しが穏やかだ

  数年の間われわれと共に時を過ごしてきた天笠尚(31歳)が、重大局面の試合をむかえることとなった。相手は〝無冠の古豪〟と称されるベテラン臼井欽士郎選手(37歳/横浜光ジム)。戦績を残したのち2011年に引退して故郷・宮崎に戻り、その後2014年夏に復帰。復帰後現在まで6連勝。命懸けのファイトスタイルが、ボクシングファンの心をわしづかみにしている、ガチンコ勝負が売りのベテランだ。


あれからもう2年が経つのか…。一昨年の世界選挑戦以降、タイやフィリピンの選手を相手に、着実に勝利を重ねている天笠尚だが、しかし世界再挑戦への壁は厚く、世界の有名プロモーター達は、今なお天笠を観察している状態だ。ボクサーが現役を続けられる期間は短い。年齢的にも許される時間的リミットが刻々と迫っている。

ボクシングは過酷な興業だ。アマチュアとちがい、勝利を重ねるだけでは世界の頂点に立つことはできない。
真に力のある強豪と死に物狂いでグローブを激突させ、死力を尽くし、唸りを上げるパンチを撃ちこみ、血飛沫のをあげ、強暴なまでの殴り合いで観客の度肝を抜く――そうした試合が、今の天笠には必要なのだ。勝つために用意された、予定調和の甘いファイトを繰り広げる外国人ボクサー相手に、ぬるい勝利を積み上げても挑戦権は手に入らない。

「このところ、自分と共に世界トップレベルを闘ってきた日本のライバル選手たちが、次々と引退したり、その言葉を口にしてます。『負けたら引退…』あるいは、自分がその言葉を口にすることも簡単です。でもしません。なぜなら、僕はこれまでも真剣勝負の中で闘ってる。そんな言葉は必要ないです」

「次の試合が重大な試合なのは当然わかってます。でも僕は、今日もいつもと同じように淡々と練習しています。気負いは人に見せない。言葉にもしない。ビッグマウスや挑発的な行動もとりません。それが僕というボクサーのスタイルです」

3分。3分。の区切りの中で淡々とサンドバッグを撃つ天笠。ときに禅僧を思わせる表情を見せる
動作確認を淡々と繰り返す
内田洋二チーフトレーナーと。気負いのない練習は、トレーナーとの信頼関係が大切だ

「たしかにファイトマネー目当てで貧困国からやって来る“出稼ぎボクサー”というのはいるんです。本当は強くて世界ランクにも入っているのに、ふさわしく負けることで、世界前哨戦などの試合によく呼ばれるボクサー達」

「もちろん彼らを否定しません。彼ら本当に強いんです。ただ僕らとは、プロボクサーという仕事の考え方が違うんです。
今度の試合で対戦する臼井選手は、本当に魂の強い、魂だけじゃなく拳も強い、死に物狂いの殴り合いを好む本当のボクシング選手です。プライドを賭けた、双方の危険を伴う打ち合いになるのはわかってるけど、僕は、この強い選手との戦いが、愉しみで仕方ないんです」

ボクサーの真価は、試合の順番で決まるんじゃない。

「後楽園ホールで、次の僕の試合は“セミセミファイナル”と言う扱いなんです。前座とは言わないけど、良い扱いとは言い難い。セミセミと扱いということで、『どうする、辞退するか?』という声もジム内にあったんですが、僕は自分で進んで受けました。
ボクサーの真価や価値は、試合の順番で決まるんじゃない。勝敗だけで決まるんでもない。そこで何を賭けて戦い、何を競い、何を見せることができるのか――。一つの集大成となる試合をやるつもりです」

セミファイナルには亀田和毅が登場する。メインは日本バンタム級タイトルマッチだ